\ 最大8%ポイントアップ! /

【テスノアの効果を体験】筋トレ歴8年の私が簡単にテストステロンを増やした方法

男を上げる最先端成分『テスノア』テスノアサプリで体感した効果、テストフェンとの違い、テストステロンを増やす方法

今回は最先端成分『テスノア』を配合したサプリを飲んでみて、体感した効果をお伝えさせていただきます。

テスノアはテストステロンという男性ホルモンの増加に貢献し、筋トレにも好影響をもたらす可能性のある成分です。

  • 最近疲れが取れにくい
  • 筋トレのモチベーションが上がらない
  • なかなか疲労の回復が追い付かず、成果が出ない
  • テストステロンを増やす方法が知りたい
kuy(カイ)

このような悩みは男性ホルモンが関係しているかもしれません。

思い当たる方はぜひ最後まで読み進めてみてください。

kuy(カイ)のプロフィール
kuy(カイ)
  • 筋トレ歴8年の会社員
  • BIG3…220kg→492.5kg
  • 21箇所のジム利用経験あり

目次

テスノアサプリで体感した効果

テスノアサプリで体感した効果

テスノアは筋トレの効果アップを目的として取り入れましたが、仕事にも良い影響がありました。

包み隠さずすべてお伝えしていきます。

良い効果4つ

【テスノアを摂って感じた良い効果】睡眠不足でも元気な時が多い、ストレスが軽減、疲労回復が早い、筋トレ効率&モチベーションアップ

テスノアを摂って感じた良い効果は4つです。

  • 睡眠不足でも元気な時が多い
  • ストレスが軽減された
  • 疲労回復が早くなった
  • 筋トレ効率&モチベーションアップ

睡眠不足でも元気な時が多い

【睡眠不足でも元気な時が多い】before…カフェインに頼る日々、after…カフェインに頼らずとも元気な時が多い

仕事の都合で睡眠時間が4時間しか取れない時がありましたが、それでも元気でした。

いつもはカフェインに頼らないとすぐに眠くなってしまうのですが、頼らずに済むことが多いです。

kuy(カイ)

まるでショートスリーパーになったような錯覚に…!

とはいえ、さすがに連日だときつくなってしまうため、できるだけ睡眠は疎かにすべきではありません

睡眠をきちんと取ることでテストステロンの減少を防ぐことができるため、最低6時間以上は睡眠を取るように努めています。

ストレスが軽減された

【ストレスが軽減された】before…胃が痛むほどストレスフルの状態、after…以前と比べると穏やかに過ごせている

もともと仕事でストレスを感じることが多いのですが、テスノアを摂ってからストレスが減少した感覚があります。

kuy(カイ)

今までならストレスを感じていた場面でも、振り返ると「そういえば穏やかに過ごせてる…」という実感がありました。

テスノアにはコルチゾールという、ストレスの原因となる物質を減少させる働きがあります。

恐らくこの働きにより、ストレスを感じにくくなったのだと思います。

疲労回復が早くなった

【疲労回復が早くなった】before…慢性疲労に悩まされる日々、after…疲労回復の早さを実感

「睡眠不足でも元気」ということでもわかるとおり、そもそも疲れにくくなりました

つまり疲労回復が早いことも意味しています。

kuy(カイ)

以前は慢性疲労のため、「今日は筋トレオフにしよう…」という日がよくありました。

しかし疲労回復が早くなり、筋トレできる気力&体力が残るように…!

筋トレ効率&モチベーションアップ

【筋トレ効率&モチベーションアップ】疲労回復が早く筋トレが捗る→体重そのままで腕まわり38.4cmから39.2cmにアップした

疲れにくい、そして疲労回復が早い。

結果的に今までよりも元気な状態で筋トレができる好影響をもたらしてくれました。

おかげさまで体重の変化なしで、腕まわり38.4cm→39.2cmにアップしました!

kuy(カイ)

仕事も筋トレも好サイクルにハマり、良いことだらけです!

良くない効果は体毛が増えること

【良くない効果は体毛が増えた気がすること】男らしくなったとポジティブに捉える

テスノアを摂って感じた良くない効果はただ1つ。体毛が増えた気がすることです。

kuy(カイ)

全体的に濃くなったような気もしますが、ほとんどなかった胸毛が明らかに生え始めました(笑)

私はあまり気にしないのですが、気になる人も多いのではないでしょうか。

見方によっては「男らしくなった!」という良い効果でもありますので、ポジティブに捉えることにしましょう。

もくじへ戻る

テスノアとは?

最先端成分テスノアとは一体なにもの?

ここまで私の体感をお読みいただき、「それ大丈夫なの?」と感じた人もいるかもしれません。

心配ご無用。はっきり言って大丈夫です!

kuy(カイ)

大丈夫どころか「積極的に摂ろうぜ!」と広めていきたい…!

テスノアはトレーニーとの相性が良く、さらには男性特有の悩みまで解決してくれる可能性のある希少な成分なのです。

ここからは、最先端成分テスノアとは何なのかを徹底調査しましたのでぜひご覧ください!

安全性を重視した天然素材

【安全性を重視した天然素材】原料:ザクロ、プニカラギン3.5% 原料:カカオ、テオブロミン0.5%

テスノアは、NSF(※1)およびLGC(※2)のテストを受け、WADAなどのドーピング物質が一切配合されていないことが証明されています。

その原料は果実のザクロとカカオ

ザクロの果皮に含まれるプニカラギン(タンニンの一種)3.5%と、カカオに含まれるテオブロミン0.5%で規格化された天然素材です。

※1…NSFとは、「National Sanitation Foundation(国立公衆衛生財団)」の略した名称で、公衆安全衛生分野の非営利機関です。

NSFでは、飲料水や食品機器において公衆衛生や安全性の基準を満たすものに対し、NSF認証を行っています。

このNSF認証には、有効期間は定められておらず年1回の定期検査に合格している限り、有効です。NSFでは、100ヵ国以上の約5,000社のメーカーや、製品の150,000種類以上に対してNSF認証を実施しています。

NSFの認証を受けた製品にはNSFマークが付けられ、世界的な基準を満たしている製品として消費者にアピールできるでしょう。

引用:JAX-JAPAN

※2…LGCはインフォームドチョイス プログラムを提供している会社であり、研究機関です。LGCはライフサイエンスツール分野の世界的リーダーで、臨床診断、医薬品、研究の管理・運営、食品、その他の応用市場全般にわたって、お客様に不可欠な要素を提供しています。

引用:WE TEST YOU TRUST

テスノアとテストフェンの違い

【テスノアとテストフェンの違い】原料・香り・推奨量・効果

テスノアと似た効果を持つテストフェンという素材があります。

実はどちらもGencor社というアメリカの企業が開発したもの。

kuy(カイ)

あとから開発されたテスノアは「テストフェンVer.2」と呼ばれる最新素材なのです。

テスノアとテストフェンの違いは以下4つです。

  • 原料の違い
  • 香りの違い
  • 推奨量の違い
  • 効果の違い

原料の違い

【原料の違い】テストフェン…フェヌサイド濃度50%以上を規格化、テスノア…プニカラギン3.5%、テオブロミン0.5%以上を含むよう規格化

テストフェンは「フェヌグリーク種子」と呼ばれる種子から抽出したエキス。

フェヌグリークはカレーのスパイスに用いられる植物です。

kuy(カイ)

フェヌサイドと呼ばれる特殊なサポニンを濃度50%以上で規格化し、特許を取得しています。

テスノアの原料はザクロとカカオ

ザクロの有効成分であるプニカラギンを3.5%、カカオの有効成分であるテオブロミンを0.5%以上含まれるように規格化された素材です。

香りの違い

【香りの違い】テストフェン…カレーのようなスパイシーな香り、テスノア…においなし、味なし、飲みやすい

原料の違いから、テストフェンではカレーのような香りがします。

実際にテストフェンを配合したサプリメントは、独特なスパイシーな匂いがするという声もあります。

逆にテスノアはカプセル上で摂取する分には、においや味はほとんどありません

kuy(カイ)

そのため、癖がなく飲みやすいのはテスノアです。

推奨量の違い

【推奨量の違い】テストフェン…1日の推奨量450~600mg、テスノア…1日の推奨量200~400mgと少ない量で効果を発揮する

テスノアはテストフェンよりも成分の配合量が少なくても効果を発揮するため、コンパクトになります。

さらににおいもないため飲みやすいのが特徴です。

素材名1日の推奨量
テストフェン450mg~600mg
テスノア200mg~400mg
テストフェンとテスノアの1日の推奨量
kuy(カイ)

そのためテスノアのほうが少ない量での摂取が可能です。

効果の違い

【テスノアとテストフェンの効果の違い】効果の違いは個人差による影響が強い、基本的にどちらもテストステロンを増やす働きがある、どのくらい効果を感じるかは成分との相性次第で変わる

テスノアとテストフェンの効果の強さは個人差による影響が強いので、どちらの方が優れたテストステロンブースターであるかは人によって異なるのです。

kuy(カイ)

基本的にどちらもテストステロンを増やす働きがあります。

その結果得られる体感としては、ほぼどちらも同じ物であると考えられます。

例えば筋肉がつきやすくなったり、体毛が濃くなったり、ベッドパフォーマンスに変化が生じるなど、テストステロンが増えることで生じる変化です。

ただ、そのような変化をどのくらい感じるかは成分との相性によって変動するというイメージです。

もくじへ戻る

テスノアを毎日摂取すると副作用は生じる?

最先端成分テスノアを毎日摂取すると副作用は生じる?

テスノアは安全性検査も行われており、毎日摂取した場合の危険性や副作用なども報告されていません

とはいえ、推奨量以上に摂取しても効果が上がるわけではありません。

テスノアを摂る際には推奨量に留めましょう。

臨床試験データにより認められたテスノアの効果

【臨床試験データにより認められた効果】総テストステロンの向上、遊離テストステロンの向上、ジヒドロテストステロンの増加抑制、コルチゾール値の改善、黄体形成ホルモンの向上、エストラジオール値の改善

実際の臨床試験データにより認められたテストステロンに対する効果は以下の通りです。

テスノアのテストステロンに対する効果
  • 総テストステロンの向上
  • 遊離テストステロンの向上
  • ジヒドロテストステロンの増加抑制
  • コルチゾール値の改善
  • 黄体形成ホルモンの向上
  • エストラジオール値の改善

引用:Maypro Industries

臨床試験データを共有させていただきます。

臨床研究①

【二重盲検ランダム化プラセボ対照比較試験】プラセボと比較してテスノア摂取群は遊離テストステロンレベルおよび総テストステロンの値が上昇
引用元:Tesnor

試験方法:二重盲検ランダム化プラセボ対照比較試験
被験者:BMI 20-29kg/㎡の21歳~35歳の健常な男性119名
グループ①プラセボ群40名
グループ②Tesnor™200㎎摂取群40名
グループ③Tesnor™400㎎摂取群39名
条件:試験期間中は週に4回、40分のエクササイズを実施
試験期間:9週間(最初の1週間はサプリメントの摂取は無し)
引用:Maypro Industries

結果は、プラセボと比較してテスノア摂取群は遊離テストステロンレベルおよび総テストステロンの値が上昇しました。

kuy(カイ)

握力も向上しました。

引用:Maypro Industries
kuy(カイ)

さらには上腕の周囲もアップ。

引用:Maypro Industries

臨床研究②

【二重盲検ランダム化プラセボ対照比較試験】プラセボと比較してAMSスコア(男性更年期障害の指標)が改善

試験方法:二重盲検ランダム化プラセボ対照比較試験
被験者:36歳~55歳の健常な男性115名
グループ①プラセボ群38名
グループ②Tesnor™200㎎摂取群37名
グループ③Tesnor™400㎎摂取群40名
試験期間:8週間
引用:Maypro Industries

プラセボと比較してAMSスコア(男性更年期障害の指標)が改善されました。

もくじへ戻る

テストステロンを増やす方法

テストステロンを増やす方法

最後にテストステロンを増やす方法をご紹介していきます。

さまざまな方法があるため、少しずつできそうなことから取り入れてみましょう。

  • 食事
  • サプリメント
  • 運動・筋トレ
  • 良質な睡眠
  • 日光浴

食事

【食事】十分なカロリーを摂取し、テストステロンを増やす食べ物を取り入れる(牡蠣、ショウガ、ブラジルナッツ、はちみつ、エキストラバージンオリーブオイル、脂肪分の多い魚、牛肉、全卵、豆類、緑の多い野菜、玄米、アボカド、バナナ、ザクロ、ココア)

まずは十分なカロリーを摂取する必要があります。

実際に1日の総摂取カロリーが1,350~2,415kcalの人は、1日の総摂取カロリーが2,145~3,537kcal、2,564~4,345kcalの人よりもテストステロンが30~40%程度低いことが示されています。

引用:ナイトプロテインPLUS

次にテストステロンを増やす食べ物をご紹介いたします。

kuy(カイ)

個々の説明は割愛させていただきますが、詳しく知りたい方は引用元記事をご覧ください。

  • 牡蠣
  • ショウガ
  • ブラジルナッツ
  • はちみつ
  • エキストラバージンオリーブオイル
  • 脂肪分の多い魚
  • 牛肉
  • 全卵
  • 豆類
  • 緑の多い野菜
  • 玄米
  • アボカド
  • バナナ
  • ザクロ
  • ココア

サプリメント

【サプリメント】オススメはテストステロンブースター!なぜなら過剰摂取にならないよう配合されていることが多く、安心して飲めるから!

テストステロンを増やす食べ物を参考にし、より効率よく摂取したい場合はサプリメントを利用しましょう。

kuy(カイ)

テストステロンブースターと呼ばれるサプリメントがオススメです。

今回の主旨である「テスノア」はもちろん、その前身的な存在である「テストフェン」が配合されているサプリメントもこれにあたります。

その他には亜鉛やマグネシウムなどのミネラルが効果的ですが、過剰摂取にならないよう注意が必要です。

「テストステロンブースター」として製品化されているものであれば、過剰摂取のない配合量を考えられていることが多いためオススメです。

運動・筋トレ

【運動・筋トレ】運動により血行が促進される→テストステロンが筋肉や脳に円滑に運ばれる→テストステロンの分泌を促す

運動をすることで血行が促進され、テストステロンを筋肉や脳に円滑に運ぶことができます。

kuy(カイ)

日常的に運動する習慣を身に付けましょう。

大きな筋肉を中心とした適切なウエイトトレーニング、筋力トレーニングがテストステロンや成長ホルモンの分泌を促すことが分かっています。

運動経験の有無で個人差がありますが、何も運動習慣の無い方でも自重のみでの筋トレ、スクワット、腕立て伏せだけでも効果があると思います。

引用:北村クリニック

良質な睡眠

【良質な睡眠】睡眠不足や質の悪い睡眠はテストステロンを低下させる要因。最低6時間は睡眠時間を確保しよう

睡眠不足や中途覚醒の多い質の悪い睡眠は、テストステロンを低下させる要因となります。

睡眠不足は注意が必要です。有名な研究では、5時間睡眠が1週間続くだけでテストステロン値が10~15%低下したことが報告されています。

引用:ナイトプロテインPLUS

これはテストステロンを増やす方法というよりも、低下させない方法となります。

kuy(カイ)

忙しくても最低6時間は睡眠を確保するように努めましょう。

日光浴

【日光浴】ビタミンD=テストステロンの合成を促す。日光浴をすることでビタミンDが生成される。1日15~20分の日光浴でテストステロンの分泌が2割以上上昇するとの研究結果もある。ただし、過度な紫外線はNG!

ビタミンDを摂ることでテストステロンの合成が促されます

精巣に存在するビタミンD受容体がビタミンDと結びつくことで、テストステロンの合成が円滑になります。具体的にはコレステロールからテストステロンを作るために必要な酵素を活性化するはたらきがあります。

引用:ナイトプロテインPLUS
kuy(カイ)

食事だけでなく、日光浴をすることでもビタミンDが生成されるためオススメのルーティンです。

過剰な紫外線は禁止ですが、適度な日光浴はテストステロンの上昇に寄与するとの研究結果があります。

一日15~20分程度の日光浴でもテストステロンの分泌が2割程度上昇するとの結果でした。またビタミンDの生成に日光浴は必要です。

そしてうつ病の予防効果もあり睡眠リズムを整えるためにも、特に朝日をしっかり浴びることなどが重要視されています。

引用:北村クリニック

もくじへ戻る

【まとめ】テスノアは筋トレや仕事に好影響をもたらすテストステロンブースター

【まとめ】テスノアは筋トレや仕事に好影響をもたらすテストステロンブースター

ここまでお読みいただいた通り、テスノアサプリを飲んでから筋トレの効率が上がりました

さらに仕事でのストレスも除去された感覚で、一石二鳥の効果を得られました。

それどころか、テストステロン量が増えると男性的な悩みの解決にも繋がったり、ハツラツとした気分になったりと、メリットだらけで一石何鳥かわかりません。

習慣的にテストステロンを増やす方法を実践するのが好ましいですが、忙しくてどうしてもうまく取り入れられない方もいらっしゃると思います。

kuy(カイ)

そんな方はぜひテスノアサプリをお試しください。

リフレッシュされたような、生まれ変わったような感覚を味わえることでしょう。

【提供:株式会社アルファメイル】

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

もくじへ戻る

男を上げる最先端成分『テスノア』テスノアサプリで体感した効果、テストフェンとの違い、テストステロンを増やす方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次